ホーム 雑記 考察 ナンパ雑感 〜持ち味で勝負...

ナンパ雑感 〜持ち味で勝負〜

388
0

strengths

ザグです。

正月休みに、ふと考えてみました。


ナンパした女性に与えられる私の価値(バリュー)とは何なのだろう?


まず、ざっくり思うのは、

非日常のワクワク、ドキドキ感といったエンターテイメントの提供。
そして心と身体の隙間を埋めること。


こうした観点からも、ナンパの成否はタイミングによるところも大きいと言えると思います。


では、タイミング以外で考えてみましょう。

ナンパされた女性から見た時の男性の価値。つまりナンパを受け入れる動機となり得る具体的要素としては、一般的に以下の要素が挙げられると思います。


・ルックス(顔立ち)
・スタイル(身長、体格)
・髪型、服装
・トークの面白さ
・誠実感
・優しさ
・教養の高さ
・ステータス(職業など)
・金銭的余裕


これらの価値だけを考えた時、残念ながら私はどれを取っても女性にとって価値ある男性ではあり得ません。圧倒的にスペックで劣っています。
女性から見て私の価値は皆無と言ってよいでしょう。

そこに私の40代独身という条件が追い討ちをかけます。世間一般の恋愛や婚活市場においてほぼ需要が無いと言えます。残念ながら…

私にとって、まさに三重苦、四重苦のナンパ界なのであります。


ハンデが大きい中でのナンパ活動。辛い現実を突きつけられることも多々あります。
それでも継続していれば一定の成果が出るのがストリートナンパの面白いところ。可能性を見出せるところでもあります。自分を受け入れてくれる女性は必ず存在します。

こんな私でもなんとかストリートナンパという過酷なフィールドで、20代、30代の女性を相手に成果を出せているのは、上記の分かりやすい価値に縛られることなく、自分の特徴、持ち味を生かした自己表現。アプローチ方法を心得ているからであると自己分析しています。

自分にあるものでいかに戦果を上げるか。自分に無いもの、持たないものをいくら数えても仕方がないです。どうしても無いものねだりになってしまいますが…
今持てる知恵と経験を最大限に活用していくとことが大切だと思います。


自分の持ち味(価値)を見つけて、そこで勝負するということです。


価値とは、

強みと言うよりは『持ち味』

と考えるべきです。


私の持ち味は、
女性に言い訳を与えて要求を通すことに長けている点。


その一点だけ。押しは強いほうです。

それが女性にとっての「価値」となっているのだと思います。

私はそれ以外の持ち味(価値)は何一つ持ち合わせていません。悔しいですが。

雰囲気を作り、相手の感情を揺さぶり、女性に言い訳を作ってあげることで、自然にこちらの希望や要求を通す!


一言で言えば、


女性がこちらの誘いに乗るために必要な、都合のよい言い訳を用意してあげるのがちょっとだけ上手い。


ナンパにおいて私は、この持ち味を軸として「即・準即」を積み重ねてきました。
バンゲ、連れ出し、アポ、ゲット。そして時には中長期の関係までを今日まで継続して来れたのです。

この持ち味を駆使することで、スト値の高い女性や手強い女性であってもゲットできることを経験的に知っています。
これからも自分流を突き詰め、創意工夫で息長く活動していくつもりです。


皆さんも一般的な男性としての価値感や概念に囚われることなく、独自の持ち味を見出し、その持ち味で自信を持ってナンパに挑んでいただきたいと思います。


ザグ



返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here