ホーム 雑記 考察 一年間PUバカになる

一年間PUバカになる

217
0
シェア

energeticPUは中毒性ありますよね。

私はPUを初めた最初の一年間は楽しさはもちろんですが、義務感に突き動かされていた感が強かったです。

やるからには多くの実績や成果をあげなければと夢中でした。それはそれは必死でした。活動のために多くの時間と資金を惜しみなく投入してきました。

最初の一年間は寝ても覚めてもPUのことしか頭にありませんでしたね。毎日毎晩、声かけ・アポに明け暮れていました。

本能に忠実な活動なだけに、嵌るととことん嵌るのがPUの世界だと思います。

この狂ったおバカな一年間で場数を踏んでPUの基礎体力をつけることができたように思います。

(都内住みで独身だったからそれが出来たというところもありますが)


これからPUを始める方にアドバイスです。

最初の一年間だけでよいですので、貪欲にガムシャラに、ひたすら出撃・声かけ・アポの数をこなしてください。
そのためにPU仲間(リアル、ネット内を問わず)を作ることも有効です。

自分を変えるために新しいことを始めて軌道に乗せるには集中してバカにならないといけない期間があるのです。


『一年間だけPU漬けの生活。PUバカになってみてください!』

上を見ても下を見てもキリがない活動ですし、どこを目指すかによっても方向性は変わってきますが最初の一年間はあえて自分に負荷をかけて特殊な環境に身を置いてみてください。


今はだいぶ落ち着いてしまいましたが、そうすることで私は自分にとっての適量。自分らしい活動方針を見出せたと感じています。そこから本当の意味でPUの楽しさも分かってきました。

一年間やりきれば見えてくるものが必ずあります。自分のスタイルも固まってきます。

この境地からが本当のPUライフのスタートなのかもしれません。


ザグ

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here