ホーム 雑記 考察 ナンパは確率のゲームです

ナンパは確率のゲームです

764
1

The course of true love never did run smooth. - Thomas Shakespeare

ザグです。

ミグさん性病でなくて良かったですねー、お互い気をつけましょう。

ストリートナンパ未経験、またはビギナーの方に向けて書いてみますね。

意識してハードルを下げてみてください。ストリートナンパでいきなり連れ出しやゲットに主眼を置きますと、気合いだけが空回り。なんてことにもなりかねません…

それに至るプロセスも楽しめませんと、楽しいはずのストリートナンパが苦行なってしまうかもしれません。巷の凄腕ナンパ師のblogに影響され過ぎないことも大切かもしれませんね。

まずは声かけを習慣化です。声かけを楽しむところから入るのが最良と思います。結果に一喜一憂しない。声かけ自体を楽しみ、勝っても負けても淡々と声かけを続けるメンタルが大切です。

これができるかどうかがストリートナンパの向き不向きの分かれ目でもあると思います。

声かけを習慣化できたら成功と考えましょう。そこから先は時間が解決してくれます。会話が成立してからは女性のリードに助けられることも多々あります。声かけさえ諦めずに続けていれば誰でもいつかはゲットできますので。

こちらから女性に声をかけないことには何も始まりません。結果を焦らずたくさん声をかけ、たくさんの反応をもらうことで声かけ経験値を上げてください。自然と上手い声かけのやり方も分かってきますし、自分を受け入れてくれる女性のタイプや傾向も分かってきます。

周りのスト仲間を見渡しても、カンソロ、合流のスタイル問わず、連日出撃して数多くの声かけをこなしている人達が圧倒的に強いです。自分でコントロールできる声かけの経験値が高い人ほど結果を出しています。容姿や年齢はそんなには関係ないように思います。

自分自身を振り返ってみてもゲット数は声かけ数に比例しています。ナンパもトランプやサイコロと同じ確率のゲームですから、多くの声かけをこなしている時期は当然結果に結びつきやすいのです。
声かけを続けてさえいれば受け入れてくれる女性は必ず見つかります。声かけ数を増やすことで成功頻度を上げていきましょう。

私の経験から、銀座ですと確率的に10人の女性に声かけすれば、5人は会話がオープンします。そのうち1人は連れ出しやLINE交換できます。50人の女性に声をかければ5人の見知らぬ自分好みの女性と知り合いになれるのです。そこからLINEやり取りが始まり、2人ほどとアポして1人ゲットという具合です。相手は人間なので気持ちの変化が必ずあります。すぐに音信不通になることもあるでしょう。相手の属性によっては即ゲットもあるでしょう。

逆に言えば、かなり雑な表現ですが、1人ゲットしたければ銀座の街で50人のあなた好みの女性に声をかければよい。ということです。(スレていない地方都市ではもっと確率は上がると思います)

ストリートナンパで1人ゲットすることを目標にするより、50人に声かけすることを目標にしたほうが、結果は同じでもハードル下がりますよね。自分にもできるんじゃないかと思えてきませんか?

恋愛経験・女性経験が人並みにある方でしたら、ストリートナンパの壁は導入部である声かけだけだと思います。知り合ってからの流れは普通の出会いやネトナンでの出会いでもほぼ一緒です。

ナンパノートをつけてみるのも良いかもしれませんね。気持ちの整理や分析に役立つと思います。

無心で声をかけ続けることこそが、このナンパゲームにおける成功の一番の秘訣です!

悔いの残らない夏にしたいものですね。

ザグでした。


1コメント

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here