ホーム ミグとザグのナンパ活動記 銀座ブライダルコーディネー...

銀座ブライダルコーディネータと歩いたセンチな夜明け前

173
0
シェア

♥︎ザグです。
銀座スト
準即
31歳
篠田麻○子似
ブライダルコーディネータ
{739D352A-6737-476B-812C-63C04836E17F:01}

 

栗色ショートカットで小柄。セクシーで可愛らしい女性。
銀座プラ○タン前で声かけ。飲み会に向かうところでした。
半ば強引にLINE交換☆
数週間後の金曜。
彼女の希望で東京駅八重洲の居酒屋にて飲みアポ。
アポ当日は1時間以上の大遅刻をされました。仕事都合で仕方ないですが…
ドタられやしないかと心配でしたが、ちゃんと来てくれました。ホッ。
LINEでは淡白で素っ気ない素振りでしたが、会ってみたら気さくでフレンドリーな女性でした。LINEと会って話した印象が違う。こういうことってけっこうあります。
この女性。声質、声のトーンがとっても私の好みでした。声って大事な要素ですよね。
仕事にやり甲斐持って頑張ってる女性。男性/関係は派手さはなく、だいぶご無沙汰とのこと。
お互いの仕事の話し、元カレ•元カノ話などで和めました。場も温まり、横座りからムード作り。キス。居酒屋内でお泊りまで確定させることができました。
個室居酒屋でしたが、全室シースルーの個室で隣丸見えw この個室は意味無いじゃん!と叫びましたが結果オーライでした。
居酒屋→ホテル泊
準即ゲット♡
飲み始めが遅かったので、この日は宿泊と決めていました。ホテルは湯/島エリアを使用。この夜は満足してもらえたと思います。
翌日早朝。
始発で帰るため、まだ目覚める前の薄暗い街中を最寄り駅まで一緒に歩きました。
駅までの帰り道。空が白み始めた見知らぬ街の冷涼な空気の中で見た、化粧を落としたスッピンの彼女の横顔。喜びと後悔の入り混じった複雑な表情に見えたのを今でも鮮明に覚えています。
もしかしたら、こんな展開は彼女にとっては初めての経験だったのかもしれません。
この展開で良かったのか…
そんなことを考えて、重いまぶたに朝陽が眩しい帰りの電車で、ちょっぴりセンチな気分に浸ってしまいました。
その後も何度か会ってデートを重ねましたよ。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here