ホーム ミグとザグのナンパ活動記 ナンパで出会った警戒心が高...

ナンパで出会った警戒心が高いメガネッ子とアポった話

491
0

前回の話はこちら>>

ナンパで偽名使う男がいるのは知ってました。まさか女子でも使うとは。リスク管理もわかりますが・・・。

初アポ当日。結構堅めなイメージがありましたが、念のためこの日もラブホに近い店を選びました。歩いて5分ぐらいですかね~。でもやたら警戒心強いし。周りにも相談してるらしいし・・・。

待ち合わせ場所で再会。格好がめちゃめちゃ気合い入っています。前回の地味系スーツとは打って変わってかわいらしいパステルピンクのシャツ。いかにもデートを意識してきてくれてるのは嬉しいものですね。

pastelpink

居酒屋で和んでみたものの・・・

乾杯早々にハンドタッチを開始。確実に親密感と距離感が縮まっているのがわかります。

「ナンパする人ってすぐ触ってくるんですよね!」

そういいながらも笑顔。もっと近くに座らせてイチャイチャ。

手を握って、

ミグ「その服かわいいね~」

メガネッ子「そんなことないです。」

ミグ「メガネとってよ。」

メガネッ子「別にいいですけど」

ミグ「うん、そっちの方がかわいいよ。」

メガネッ子「なんかうまいですよね。誰にでも言ってそう。」

ミグ「手ちっちゃいな。」

メガネッ子「そうですか~。」

ミグ「ちょっと向こう向いて。」

後ろからハグ。

ミグ「髪綺麗だね。」

メガネッ子「そんなに近づいたらわからないでしょ。」

耳元にキスしたらメガネッ子の吐息が聞こえる。

唇に近づいてみる。

メガネッ子「私、彼氏でもない人とはそういうことはしないです!」

声は弱々しい。

ミグ「したことないの?」

また耳にキスすると吐息が。

メガネッ子「ないです。」

ミグ「でも俺の気持ち知ってるだろ?」

メガネッ子「酔ってない時にしっかり言ってほしい。」

このあたりからだんだんうざい展開に。

メガネッ子「私のこと傷つけたりしないですよね。」

地雷臭もするし。

しばらく押し問答。

相手の求めてるもの、ニーズはわかったのですが、それに応えるつもりはこちらにはないわけですからね~。

この日は時間の無駄なのでとりあえず手つなぎで帰りました。

第2弾アポは悩みますね~。今までやったことないのですがフツーの3回目でエッチというデートも気になってます。

http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/453041/


返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here