ホーム ナンパテクニック モテ度アップ!LINEアイ...

モテ度アップ!LINEアイコン撮影テクニック

354
0

前回の記事で、LINEアイコンには是非とも本人画像を設定してほしいと熱く提案させてもらいました。
さっそく行動に移された感度の高い方もいらっしゃいます。その行動力が何より素晴らしいです、こういう方は間違いなく飛躍されますね。

 

本件、思いのほか反響が大きかったので、もう少し踏み込んで解説させてもらいますね。

 

家族の目がある既婚者や、これまで一度もSNSに本人画像を載せたことがない方にとっては、かなりハードルの高い試み言えるのかもしれません。周りの反応は、急にどうした? となりますもんねw 慎重になるお気持ちはよく分かります。

 

しかし、自分のビジュアルを公に出すという行為は、安定したモテやゲットを味わう上で避けて通れないことなんですよね〜。
ビジネスの世界でもそうだと思います。姿が見えるのと見えないのとでは、安心感や信頼性がまるで違いますので。周りは3日で慣れますから。恥ずかしがることなんかありませんよ。

 

自分のビジュアルを出す以上、多かれ少なかれナルシスト感、かまってちゃん感は必ず出てしまいます。それで良いんです。それこそが狙いでもありますから。

 

本人画像を晒すことで、女性から見たとき、男としての自信。逞しさ。そして近寄りやすい安心感。親近感を与えることができます。イジられたり可愛がられるためには大事な要素ですよね。愛されキャラになりましょう。
周りの評価に一喜一憂しない耐性もつき、ナンパに必要な適度な図々しさや鈍感力も養われます。

 

ふぅ、前置きが長くなりました、ここから本題に入りますね。

 

前回で本人画像を載せるべき意味と効果は理解いただけたことでしょう。すると、次はどんな写真を載せたら良いのかと悩まれてしまうようです。まったく世話が焼けますねぇw

 

分かりました、解説しますね。

 

まずは、他の男性のLINEアイコンをよーく観察して研究してください。いったいどんな本人画像を設定しているのか。それらに対してあなたが抱く印象はどんなものか。感じることから始めてください。印象の良い画像には共通点があるものです。そして先人からグッドな撮り方を盗むのです。

 

言われなくてもすでに自分の画像をアイコンに晒してるよ〜っ。という方も多くおられることでしょう。

 

本人画像を出しているのに。それでも成果が振るわないなら…その原因は設定した写真のチョイスが間違っていると思われます。改善の余地ありありです。

 

もしかして、顔のどアップを載せてません?

 

顔のアップはアピールが強過ぎます。押し出し感がキツすぎて、どうしても怖いイメージを持たれがちです。どこか不自然なのです。
顔だけのアップは、たとえあなたが容姿に自信のあるイケメンだとしても避けたほうが無難です。顔だけでなく腰から上の上半身も入れてくださいね。

 

顔のみのアップ画像を載せている方は、手にスマホを持って自撮りで何気なく撮影されてますよね?これだとどうしても顔面に寄りすぎて不自然なアップ画像になってしまいます。ナル感も出すぎてしまいます。写真館で撮ったような顔写真も、よそ行きすぎて堅苦しく好感度は低いでしょう。

できれば誰かに頼んで自然な雰囲気を撮ってもらいましょう。どうしてもセルフで撮影するならセルフタイマー機能を使ってスマホをどこかに置いて、ある程度の距離をとって納得いくまで撮影しましょう。

 

LINEアイコンとして相応しい、見栄え良く素敵な一枚を撮るためには、押さえておくべきポイントが幾つかあります。
撮影パターン別に、ポイントと特徴を解説していきますね。
たくさん撮りまくって納得いく一枚をチョイスしてくださいね。

 

【撮影ポイント3点】
①カメラとの距離
②写す部位
③姿勢

 

ケース1:
ハッキリと顔出しOKの場合

至近距離からの撮影で顔の写りが鮮明なだけに、導入にあたってのハードルは高め。ハマった時の女子の食いつきはピカイチ。ビジュアルだけで持っていける破壊力あり。

①1.5〜2メートル
②腰から上の上半身
③手に何か持つなど自然な動きをつける

テーマは、豊かな表情と躍動感!
ハイリスク、ハイリターン
中上級者向け

※明るく笑顔の表情で。何かの作業中、イベントのワンシーンなど、躍動感があるとナチュラルでリア充感も醸し出せて好印象。力強いカメラ目線もOK。カメラから視線を外してもアンニュイでグッド。

 

ケース2:
顔のモロ出しNGの場合

テーマは、モテオーラと洒落感!
ローリスク、ローリターン
初心者向け

遠目からの撮影で顔が不鮮明のため雰囲気オーラで勝負。導入ハードルは低いが、顔が不鮮明なために女子の食いつきにもバラツキが大きいのが難点。

 

①3〜5メートル
②全身
③背筋を伸ばす。身体のラインを綺麗に見せる

※雰囲気重視。服装はお洒落に。メガネ、帽子などの小物使いで洒落感を演出。背景を大きく取れるのでインスタ映えするようなロケーションが好印象。下から煽るように撮影するとスタイルアップ。

 

私は、パターン1、パターン2どちらもLINEアイコンに設定した経験があります。女子からの食いつきが目に見えて高いのは断然パターン1です。パターン2だとどうしても中途半端感が否めません。
しかし初心者へお勧めしたいのはパターン2です。パターン2から導入して、周りに免疫をつけてからパターン1にシフトするのはいかがでしょうか。私自身も守りに入ってしまいパターン2に設定することが最近は多くなりました。低リスクでハードルが低いですからね。雰囲気で攻められるので、そこそこ盛りやすいという利点もありますw
パターン1では写りの誤魔化しがほとんど効かないのが難点ですが、こちらの顔が相手のタイプだった場合のパンチ力たるや凄まじいものがあります!パターン1は一歩間違うと痛い人になりかねない危うさもありますので、とにかくたくさん撮影して奇跡の一枚を目指す方向がよいでしょう。定期的に画像を変えていくことも飽きられないために必要だと思います。

 

最後に繰り返しとなりますが、LINEアイコンを本人画像に設定することは、ナンパ活動で安定した成果を継続的に出し続ける上で大きな武器であり、結果に対して大きなウェイトを占めます。勇気と大胆さを持って是非取り組んでくださいね。

 

文章での表現はとても難しいですね、直接お会いした際には、私が匠の技で最高の一枚を撮影いたしますのでご用命くださいw

 

それではまた。

 


返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here