ホーム 潜入レポート 精一杯の若作りで相席屋へ乗...

精一杯の若作りで相席屋へ乗り込んできました

642
0

quotes14_Rowland

年の差20歳の即席合コン

ゴールデンウィーク明けの平日夜。

スト仲間のYさんのお誘いを受け、相席屋川崎店へ行ってきました。
(相席屋、もうすっかり定番化してますね)
相席屋へはモテ探求のため毎回テーマと遊び心を持って入店しています。当然ですが有料ですので成果を常に求めています。
今回はこれまでの相席屋潜入の経験から私なりに学習し、より幅広い年齢層の女性に対応しつつモテを楽しむために、以下の取り組みを実践しました。

  • 若い女子ウケを意識した髪型と服装でルックス若作りで臨む!
  • 店外連れ出しから密着で濃密なスキンシップを図る!

これまでの経験を踏まえ、若い女性と相席になることも想定し、ボリュームあるやや長めの髪型のウィッグ装着(黒髪です)いわゆる盛り髪です。服装も清涼感あるアメカジ系カジュアルとしボトムスは腰履き。アクセサリーも目立たせて臨んでみました。

10歳近くルックス若作りできたと思います。

それを見越したかように、今回はルックス・ノリのバランスが良い若年女性が付きましたよ。

相手女性コンビの年齢も22歳と若い若い!昼職とキャバ嬢を掛け持ちの子達でした。

タバコが苦手なもので、タバコを吸わない子達で良かったです。

歳の差まさかの20歳! (ズルいかもしれませんが、こちらの年齢は30代前半にサバ読みしました)

今回相席の22歳の女子曰く、

男性年齢36歳以上は恋愛や性的な対象外とのこと。なかなか厳しい言葉ですね…父親と同じような年齢になりますし無理もないですが…

ルックス若作り効果も手伝ってか、序盤から明確なIOIが感じられました。第一印象から相手のストライクゾーンに飛び込むことができたようです。ハンドテストの反応。言動や仕草からもそれは読み取れました。

二次会のカラオケでギラついてみました・・・

今回とくに意識したのは以下の点

  • 女子の好みの男性芸能人タイプ確認や元彼の容姿トークからこちらのルックスへの関心度合い(アリorナシ)を早期に見極めること
  • 女子の自己開示の度合いから攻め方を判断すること

上記どちらも良好な反応。

ゲット要件はクリアしていると判断できました。

1時間ほどの相席で、その後コンビで速やかに近隣のカラオケ店への連れ出しに成功しました。

カラオケ好きという共通点も手伝い、カラオケでも食いつき十分だったと思います。

カラオケルームでは担当の女子Bと盛り上がり、予定通り密着スキンシップを図ることができました。

ちなみにキャラ、トーク、ギラの手法はいつも通り。これまでと一切変えていません。

カラオケルームでの陣形は以下のとおり

Yさん 女子A     女子B ザグ

(照明を落として女子を引き離し、担当の隣に密着が鉄則ですね)

カラオケ店には1時間弱の滞在。途中でカラオケ店の火災警報が鳴り響き避難するというアクシデントも。誤報でしたがびっくりでした。

当日のセパレートも考えましたが、Yさんと相談してこの日はここまでで解散としました。女子達はまだまだ物足りない様子でしたが。

(Yさん、私のペースで展開してしまい申し訳ありませんでした)

女子B。某セクシー女優似

若さからかLINEでもアグレッシブにぐいぐいと分かりやすく好意を表現してくるので楽しいです。LINEでの食いつきも良好ですので近日ゲットしたいです。若い女性からはパワーもらえますね。

次に会う時も同じように若作りして会わないといけないのが面倒ですが…

今回感じたこと・・・ルックス若作りは第一印象、食いつきにプラスに作用する!

今回ルックスの若作りは効果てき面だったと思います。

若年女子にはルックスは食いつきファクターとして最重要と再認識しました。

※これまでblogで相席屋に関しては語り尽くしてきましたのでシステム等の詳細は割愛します。
身バレ防止のため相手女性の外見的特徴も伏せさせていただきますがルックスは私好みでGOODです。

PS:
今回もそうですが、もはや出会いのフィールドで40代前半という実年齢で真っ向勝負できない自分に本気で悩んでいます。
ゲットするためにやむなくはじめた年齢詐称も今では当たり前になってしまい苦しいです。とくにストリートナンパでは実年齢では成功する気がしません。この悩みが膨らんでしまったためか最近ストの成果がパッとしません。自信の無さの表れでしょうね。そんな私も今月で42歳を迎えます。

そんなことで悩まずにストも頑張れよ!というミグさんの声が聞こえてきそうです…汗

ザグ


返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here