ホーム 潜入レポート 潜入レポート(?): 銀座...

潜入レポート(?): 銀座のクラブに行ってきました(前編)

341
0
銀座クラブ
イメージ画像です。実際に行ったいお店ではありません。

銀座クラブ
イメージ画像です。実際に行ったいお店ではありません。

こんばんは、ミグです。

いつもは自由なストリートで女性を狙うミグですが、先日銀座の高級クラブにいってまいりました。
あの踊るクラブではなくホステスさんがいらっしゃるあのクラブです。
もちろん自腹ではなく、接待です。

とはいえ今回は仕事上こちらが接待していただく形に。相手は一部上場企業の社長さんと役員さん。こっちは上司が3人(うち二人外人)。否が応でもこちらが気を使います。

フツーのサラリーマンなので銀座でなんかめったに飲めません。キャバクラ、ガールズバーも含めてホステスと飲むのなんて1年に一回あるかないか。しかも今回は銀座。
どのようにかっこよく飲むのがモテる銀座の男なのかしっかり観察しなければ。

改めて気づいたのですが、顧客の年齢層高いせいか、金持ちの余裕か、あまり口説いてっぽい人いませんね。そこはキャバクラとは全く飲み方が違うようです。殿方は女性との会話より同僚、上司、顧客との会話の方に夢中という感じです。

そんな空気に溶け込もうとしてたところ社長さんが「この子ミグさんのこと気に入ったらしいよ。」とのお誘いが。スタイルはさすがに抜群でしたが、さほどタイプではなかったので「そうなんですね。ありがとうございます。」でスルー。

こっちの役員さんとしばらく話してたのですが、また「ほら、ミグさんこっちに座って。」となぜか私とホステスに世話を焼きたがる社長さん。そして恒例の「名刺くださいよー」がはじまりました。

「ワーキングプアだから、二度と来ないよ。」
「銀座で飲める身分には永遠になれない。」
「金持ちの見る目養えw。」
「俺、こずかい3万円。」

と散々ビンボーアピールしておきましたが、社長さんの世話焼きは終わりません・・・アフターへの流れたのでした。

「ミグさん、アフター行こう、アフター。この子連れて行こうー。」

続きはまた。

ミグ


返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here