ホーム ミグとザグのナンパ活動記 ナンパが成功しやすいバーの...

ナンパが成功しやすいバーのタイプとは

834
0

すっかり春の陽気になりましたね。例年春になるとアポが目白押しになるものですよね。もうすぐお花見の時期ですからね。今年もいっぱい楽しみたいです。年度末から年度開始の最近は仕事がまとまればの話ですが。

先日バーで知り合ったクッキングティーチャーとラブリーな関係になりました(笑)

海外からのビジターを築地に連れていった後の二次会のバーで知り合いました。酔っ払って気をよくした上司が気をよくして「あの2人組に声かけようぜ」となったわけです。「面倒臭せー」と思いながらもこれもお仕事。しっかりと上司のウィングを果たしてきました。

横並びのカウンターで男女交互に座りました。この上司ポール(仮名、日本語も英語も流暢なアメリカ人)、勢いよく声をかけていったのですが、話していることといえばワインがどうしたこうした、レストランがどうしたこうした・・・。どうでもいい話を続けてます。そして女子は興味がなさそうな顔をしだすとバーテンダーに夢中になって話しかけてる・・・。私たちはそれをネタに盛り上がったわけですが(笑)

バーナンパについてですが、23時をまわってお互いお酒を飲んでたことがかなり有利に進みます。こじんまりとしたカウンターとテーブルが2つあるぐらいのバーの場合には特にオープンさせることもそこから和むこともナンパ師にとってはかなりイージーな条件といえます。同じバーでもライバルが多いHUBみたいな大型店舗だとより難しい戦いになることは想像に難くありません。ストリートや大型店舗BARと比べてのデメリットはやはりターゲットの選択の余地がない。プレーヤー側の選択肢が多くなればなるほど、オープンしづらくなるのは当たり前ですね。
つまり数を打たなければならない順に並べるとことようになるのです。逆に言えば右からオープンさせるのはイージーになります。

出会い系サイト > ストリートナンパ >  HUBのような大型BAR > 小規模BAR > 合コン・婚活パーティ

女の子の立場からすれば出会い系なんかいくらでも無視できるわけです。ストリートも同様。別にいくら無視しても罪悪感がわかない。逆に合コンなんかは幹事が知り合い同士だったりするので、せっかく開催してくれたのに幹事に悪いと気を使うわけです。バーも同様、こじんまりとしていれば無視したりして、常連さんだったりしたらお店に悪いなんていうマインドが働くわけですね。

私はこの翌々日に二人で会ってやるべきことをやりました、果たしてポールの結果は?まだレポートを聞いていません(笑)。聞いたらつっこまれそうなので・・・


返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here