ホーム 恋愛マニュアル 恋するフツメンが彼女をゲッ...

恋するフツメンが彼女をゲットする戦略(財力無しで)

861
0
シェア

突然ですが、渡辺直美やブルゾンちえみ。

決して容姿に恵まれたタイプではありませんが、愛されキャラで人気者ですよね。男性からも意外とモテています。なんだかとってもチャーミングで可愛く見える時がありますから不思議ですw

話変わりますど、先日ミグさんと雑談してましたら、モテとS/Mの関係性という談義になりました。いい歳こいてミグさんとはこんなしょーもない話ばかりしていますw 呆れないで最後までお付き合いくださいね。

ミグ
『ドSのイケメンは厳しいみたいだね。せっかくイケメンなのにモテやゲットで苦労してる人も多いみたい。』

ザグ
『たしかに。周りの男性を見渡してもそんな印象ありますよね。逆にフツメンはドSくらいのほうが何故かモテてますよね、ゲットも安定ですし。』

いかがでしょうか。この傾向は当たってる気がしますねー。

言いたいことを先に言いますと、

・SとMのバランスが取れた時にモテやゲットが誘発される。
・モテの達人とはSとMのギャップ作りの達人である。

ということです。

★イケメンはルックスがS要素

イケメンは黙っていても容姿で女性に魅力的に映ります。だから一瞬で食いつかれます。そこに言動や態度でSを出しすぎると怖さが出てしまい近寄りにくくなってしまうんでしょうね。イケメンは黙っていてもその端正なルックスだけで既にS要素を存分に醸し出しているからです。
自他共に認めるイケメンさんは、その存在感。つまりルックスがSなので、モテやゲットを考えると言動や態度は少しMが強いくらいで丁度いいバランスになると思います。

イケメンは生まれてからずっとモテまくってきただろうし、きっと俺様気取りで女性に対して横柄な態度を取る。自分勝手に振り回されて苦労しそう。と女性はレッテルを貼ってくるわけです。その端正な容姿が黙っていてもそう雄弁に語ってしまうのです。お気をつけくださいねw 世のイケメン男性はその点を理解され、言動と態度でSを強く出しすぎないことがギャップを生んで今以上にモテるコツかもしれませんよ。

★フツメンはルックスがM要素

その点でフツメンはどうでしょう。容姿のアドバンテージが無いからこそ、恋愛でも彼女を大切にして控えめ。気遣いできて性格が良さそう。温和で優しい性格でルックスの難をカバーする。というイメージが女性の中で勝手に出来上がっています。だからフツメンは女性からも話しかけやすく親近感をもってもらいやすいのです。もちろんモテやゲットできることとは全く別ですからね。

フツメンのくせにドM君。これではモテません。つまりS要素が極端に弱いと、セオリー通りででつまらない。目立たないので女性から相手にされず埋没してしまいます。空気みたいな存在で終わってしまう。一般概念を打破してSとMのバランスを取るために、フツメンだからこそS要素を打ち出す必要があります。

★容姿と性格は対極にあるべき

モテやゲットを狙う場合の戦略として、己の容姿と性格は対極にあるべきです。常に引っ張り合い。拮抗させてください。真逆をやらないとギャップは生まれませんよね、バランスが取れませんから。
これは女性にも言えることだと考えます。冒頭で触れた渡辺直美やブルゾンちえみ。ルックスは微妙なM要素でも、ルックスと対局のSキャラを打ち出せているからこそバランスが取れてモテているのです。彼女らは男性を選り取り見取りだと思ます。このように、フツメンはSを意識して打ち出すことで愛嬌あるキャラクターになれます。モテます。ゲットできます。

★“心地よい違和感” だからモテる!!

フツメンは容姿では食いつきが取れない分、言動や態度でSを強く打ち出すことでバランスを取ることで食いつきを作り出しましょう。自信がみなぎって見えて魅力的に映ります。ルックスとのギャップで興味関心を引けます。そこが女性から見て気になるオトコに映るのでしょうね。そこにモテるためのギャップが生まれるのでしょうね。

★心地よい違和感=ハズシテクニック!!

お洒落マスターの私が思うに、服の着こなしにも近いものがありますね。お洒落な人は服装を無難にまとめるのでなく、あえてハズシテクニックを必ず使っています。全体に綺麗めドレッシーな服装のテイストなのに、帽子だけ野球帽を被る。足元はスニーカー。みたいな。それと同じ感覚ですね。コーディネートにあえて違和感あるアイテムを一つ2つ取り入れてこなれ感を演出しています。これが違和感を作って、おやっ⁈と目を引き、お洒落に見せる上級テクニック。ハズシテクニックと呼ばれているものです。
異性に魅力的に映るには、この見た目と内面のギャップ。つまり『心地よい違和感』を意図的に作ることが大事になってきます。遊び心です。新鮮なサプライズ演出です。S/Mギャップ作りはまさに服装のハズシそのものと言えますね。

意識せずに素でそれをやれている人も一定数います。そういう人は天性のモテ体質と言えますね。残念ながらそうした天性のモテ体質でなく、容姿にも恵まれなかった場合、いまさら親を恨んでも何も解決しません。今回お伝えしたハズシテクニックを是非使ってくださいね!悔しいですが、お金の力以外でフツメンがイケメンに恋で勝つにはその戦法しかないんです。そこをしっかり理解して実践あるのみですよ!

はい。冴えないフツメンな私は、もちろんこの戦法で励んでおりますよ、S重視で取り組んでおりますよーw

他にもモテ要素としての被害妄想キャラ。などモテる演出。ゲットできる演出は色々あるんですが、長くなるのでそれらはまた別の機会に掘り下げてお話ししますね。

異性にモテる愛されゲッターになるには、SとMのバランスを巧く取ることが本当に本当に大事になってきます。恋にとってもよく効く処方箋です。


シェア
前の記事高知懇親会まだまだ募集中やきね
次の記事PUA独自調査で見えてきた成功要素
40代、バツ1。都内の外資系企業勤務。 女性が大好きでモテについてコツコツ探求し自ら積極的に出会いを作り出すことで、恋人や恋人候補の女性の存在を絶やさないことを心がけてきました。遊び心を持って活動しています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here